診療案内

診療科目

  • 内科
  • 小児科

診療内容

  • 各種予防接種
  • 感冒、アレルギー疾患(花粉症など)、気管支炎、急性胃腸炎、貧血
  • 慢性疾患:高血圧、糖尿病、脂質異常症、痛風、骨粗鬆症
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流食道炎、慢性胃炎
  • 気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患
  • 甲状腺機能異常症(亢進症、低下症、橋本病など)
  • 小児疾患一般
  • 定期健康診断

対応可能な機能

他の医療機関の紹介

当院は地域のかかりつけ医として、風邪や生活習慣病から健康相談に至るまであらゆる病気の治療に対応いたしますが、より高度な治療が必要と判断した場合、入院治療が必要な場合は提携病院に紹介いたしますので、ご安心ください。

健康診査・相談の実施

一般的な健康診断のほかに、人間ドック、がん検診を実施しております。

特定検診・特定保健指導の実施

生活習慣病予備軍である「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」の発見を目的とした特定健康診査を実施しております。健診の結果リスクが高いと診断された方には、栄養指導や運動指導(=特定保健指導)を通じて、皆さまの生活習慣の改善を全面的にサポートいたします。

予防接種の実施

以下の予防接種を実施しております。

定期予防接種

  • インフルエンザ菌b型(Hib)
  • 小児肺炎球菌
  • 四種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)
  • 日本脳炎
  • DT:2期(ジフテリア、破傷風)
  • BCG
  • MRワクチン(麻疹風疹混合)
  • 水痘
  • ポリオ
  • 子宮頸がん予防ワクチン
    ※H25.6.14から積極的に接種はお勧めしていません。
  • 高齢者肺炎球菌ワクチン
  • B型肝炎(対象年齢があります、ご相談ください)

任意接種

  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
  • 麻疹
  • 風疹
  • A型肝炎
  • B型肝炎
  • インフルエンザ

インフルエンザ予防接種のご案内

10月15日(月)から接種開始予定です。
9月25日(火)よりご予約を受け付けております。

対象者 接種回数 料金
生後6か月以上~3歳未満 2回 1回目:2,500円
2回目:2,000円
3歳~12歳 2回 1回目:3,000円
2回目:2,500円
13歳以上~65歳未満 1回 3,000円
65歳以上の方
(日進市内在住の方)
1回 1,100円
65歳以上の方 1回 受付でお聞きください。

【接種時間】

診察時間前
予約時間
  • 午前診 8:45~
  • 午後診 16:00~
診察時間内 午前診・午後診とも。
土曜午後
予防接種
予約外来
14:00~

(土曜日の午後は早い時間から順に入れさせていただきます。)

つねかわファミリークリニック TEL 0561-76-2525
TEL 0561-76-2525

自費診療

AGA治療について

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。
一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
医師による問診と診察のみです。当院では院内処方で行います。

診察料

初診料 2,820円
再診料 1,240円

薬剤料金

ザガーロカプセル(0.5mg) 10,800円/30カプセル(一か月分)

ザガーロは、テストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換する1型および2型の5α還元酵素をともに阻害し、DHT濃度を低下させるため、プロペシアより、1.5〜2倍の効果があると言われています。
(DHTが増加するとヘアサイクルの成長期が短縮し、硬毛が軟毛化することで薄毛が徐々に進行すると言われています。)

※AGAについて詳しくはこちらをご覧ください。AGA-news

ED治療について

ED:Erectile Dysfunctionとは「勃起機能の低下」を意味し、「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳されます。専門的には、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と定義されています。
医師による問診と診察のみです。当院では院内処方で行います。

診察料

初診料 2,820円
再診料 1,240円

薬剤料金

シアリス(20mg) 1,800円/錠

プラセンタ治療について

胎盤(プラセンタ)にはお乳を良く出すなどのホルモン調整機能を高め、新陳代謝を良くし免疫力抵抗力を高め、炎症を抑え、自律神経を調整する作用があります。このエキスを様々な疾患治療に応用させたのをプラセンタ治療といいます。
最近、プラセンタの若返り効果や美肌効果が注目されています。プラセンタには、免疫力増進、滋養強壮効果、抗アレルギー作用や精神安定作用などの効果もあります。

診察料

初回のみ診察料 2,820円

薬剤料金

①ラエンネック(プラセンタ注射) 1,500円/1アンプル、皮下注
②ポーサイン(内服薬) 13,000円/一箱(100カプセル入り:約一か月分)

ABC検診を始めました。

あなたの“胃の健康度”を血液で調べてみませんか?

ABC検診とは、簡単に言えば、“胃の健康度”を知る検査です。
従来から行われていたペプシノーゲン(PG)検査と胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因と考えられているヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)抗体価検査を組み合わせて行う検査です。
この検査は採血のみなので、非常に短時間で終了します。胃は気になるけれど、バリウム検査や胃カメラはちょっと・・・という方にお勧めです。
胃の検査は、最終的には、やはり、基本的には内視鏡検診を受けていただきたいと思います。
胃がんの原因はピロリ菌だけではないからです。ただし、ABC検診は、内視鏡を受けようかどうしようか迷っている方には、決心をするとてもいい材料になると思います。もし、この検査で、要精査と判断されたら、胃カメラの検診を受けましょう。(ただし、当クリニックでは、内視鏡検査は出来ませんので、他施設へご紹介させて頂きます。)胃がんは早期に発見し、適切に治療すれば完治します。

検診方法

簡単な問診と採血のみです。予約は必要ありません。
約2週間で結果をお渡しできます。2週間後に再受診してください。

料金

7,000円(全て込み:初診、再診察料、採血検査料金込み、税込み価格です)

検診対象外の方

以下の場合には正しい結果が得られない可能性がありますので、この検査は不適です。

  1. ピロリ菌除菌後
  2. 食道・胃・十二指腸の疾患で治療中
  3. 胃酸分泌抑制薬(プロトンポンプ阻害薬)服用中もしくは2ヶ月前以内に服用していた方
  4. 胃切除後の方
  5. 腎不全(目安:クレアチニン値が3mg/dl以上)の方

詳しくは、お気軽にご相談ください。

簡易型睡眠時無呼吸検査始めました。

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、
眠っている間に呼吸が止まる病気です。

Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計され、日本にはSASの患者さんが200万人以上いますが、ごく一部の人しか病院での治療を受けていないと言われています。この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼす事、気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。
当院では、自宅でも取扱い可能な検査機器を使って、普段と同じように寝ている間にできる検査です。手の指や鼻の下にセンサーをつけ、いびきや呼吸の状態から睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性を調べます。自宅でもできる検査なので、普段と変わらず仕事や日常生活をそれほど心配せずに検査することができます。多くの場合はまずこの簡易検査から行ないます。

こんな症状があれば、ご相談ください。

寝ている間に

・いびきをかく、いびきがひどい
・いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる
・呼吸が止まる
・寝汗をかく 等々

起きている時に

・強い眠気がある
・だるさ、倦怠感がある
・集中力が続かない
・いつも疲労感がある 等々

詳しくは、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ